製品案内 洗浄剤 製品案内 肥料 業務案内 採用情報 会社案内 お問い合せ
沿革 会社概要 主な納入先 取引先

■ レジオネラ属菌について

レジオネラ属菌とは


レジオネラ属菌は、藻類や他の細菌の代謝産物を利用して増殖するため、アメ−バ類などの原生動物と寄生関係にあります。

この特性から、比較的水温の高い水(36℃前後が発育最適温度)を循環させて活用している施設や設備で
増殖しやすいと言えます。空調のク−リングタワ−(冷却塔)や循環式浴槽などは先記の条件に当てはまるので、レジオネラ属菌の繁殖に都合がよく、レジオネラ症の感染源となります。

レジオネラ肺炎と、インフルエンザに似たポンティアック熱という2つの病型に大別されるレジオネラ症は、両病型とも共通の感染源から複数の人が感染して発病するのが特徴。レジオネラ症は、厚生省発表の
「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」で四類感染症に指定されています。
© 2004 Koei Chemical. All rights reserved.